konnoe’s blog

読書と旅が趣味。人生に疲弊してみたり、希望をもってみたり、、、

じいさん・ばぁさんについて、よく知らない孫

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」


f:id:konnoe:20180917180931j:plain
画像のじいさんは知らないじいさんです。

私の祖父祖母はすでに亡くなっています。
私は4人ともあまり話したことがなくて、思い出もあまりないという何とも不義理な孫なのです。
幼いころ、「おばあちゃん家に行くんだ~」とか「おじいちゃんにお小遣いもらった~」なんてどこのパラレルワールドの話ですか?というような感じでした。

4人の中でも特に話したことのないのは
母方の祖父です。父方の祖父は私が1歳くらい(あやふやってところが何ともね)の時に亡くなったので記憶にも残っていません。周りからいつも抱っこしてくれていたとか、私の顔が不細工だとか言っていた(これは母が怒りながら言っていた。母は父方の祖父母をよく思っていないのだ)という話だけは覚えている。
大きくなったときに、祖母の家に軍服を着た祖父の写真を見つけてどんな生き方をした人なのか知りたかったけど、聞かないままに祖母も亡くなってしまった。父にも聞いたこともないまま、今に至る。別に父に聞いてみてもいいんだけど、祖父とゆっくり話してみたかったなって、時々思うんですよ。たぶん、祖父がいたらいたで、わざわざ話に行くの面倒で行かないと思うので、ただの「ないものねだり」だと思いますが。
一人の人生とすれ違うだけってこともあるんですよね。でもその話したこともない人の血が自分には流れてると思うと、不思議な感覚です。
おじいちゃん、おばあちゃんのエピソードがなさ過ぎたのでこんな感じになりました。

下書きを公開にするまで

f:id:konnoe:20180824085625j:plain

はてなブログに移ってからもうすぐ2か月……

どんどん下書きがたまる!!

書きたいことがあるというよりは、思いついたことがたくさんありすぎて下書きがめちゃくちゃ溜まってます。今、公開している記事が70近くなんですが、実は下書きは100超えています。下書きっていっても、それなりにガッツリ書いているものから、参考になったサイトのリンク貼ってあるだけとか、題名に単語を一つ書いてあるだけのものまで。
書きたいことがたくさんあるんだけど、それを実際「文章」にするのは、結構まとまった時間が必要だから、なかなか書けないんですよね~


そんなときに見つけた記事。
kayanomi.hatenablog.com
確かに、期限はありますよね。置いてある間に自分の考え方が変わってきたりとか、、あるあるですよね。私は特に、下書きで置いてある記事って、自分がこだわって書きたい記事が多いので、こだわっているうちに自分の考えが変わっちゃったするわけです。「その時期にしか考えられない考え方」ってあると思います。そういう時事感?は大事にしたいですね。これまで書いた記事も、なんかいろいろ考えたあげく、わけわからん感じになっちゃったけど、それを下書きで残しておいても進展はないし「えいやっ!」と無理やりだしてきました。(そして後で読むと意味不明。)


もうむしろ下書きボツでもいいじゃん

下書きが結局ボツのままでもうまく生かし切っている方もいました↓
www.rikei-zukin.com
「下書きのまま記事に出来なかったタイトル大賞」を作ってらしゃる!これランキングするの面白そう!この人の記事が面白いだけで、私にはできないかもしれませんが、せっかくなんでやっぱりどこかで日の目を見せてあげたいですよね。

ブログ書くの楽しい

ブログを再始動して2か月弱。なんとなくブログ書くことを考えていることで、毎日に楽しみが増えました。だから、下書きだろうが、なんだろうがガシガシ書いていきたいです。どうしても、「いい記事を書きたい」なんて思って「こだわって」書いたりしてみるものの、あとで読み返すと一気に適当に書いた記事でもいいものがあったり、わからんもんです。そもそもブログ初心者(?)で100記事をまだアップしたことないブロガーがいい記事なんて書けるわけなんてない。量がすべてだとは思わないけれども、量をこなさないと見えないものもあると思うのよ。だから、下書きだろうが、なんだろうがガシガシ書いていきたいです(本日2回目)。

ちなみにこの記事も下書きを始めたのはかなり前です。やっと公開できる!
やっとインターネットの海に生まれ、これからそこを泳ぐことになりました。おめでとう、今日の記事。Happy Birthday。

今週のお題「わが家の防災対策」

今週のお題「わが家の防災対策」

防災にハマる

先日の停電以来、防災対策にハマっています。
先日の記事
konnoe.hatenablog.com

「防災」って「ハマる」もんじゃないのはわかってるんですけど、今ら夢中になっていろいろしてます。一番最初にしはじめたのは、防災関連の本を読むこと。知らない知識がたくさんあるわ。いかに自分が無知かわかりました。
何度も読み直しているものはコレ。

ママでもないし、ママになる予定もないのですが、マンガで読みやすくてめっちゃ参考になる。自分が災害したときのことを考えながら読み進めると◎。被災者はもちろん、その被災者の援助者までに優しい心配りがあるのがとてもいい本だと思います。


「我慢すればいい」「精神的に強ければ大丈夫」ジャナイ

防災のことを考えたときに今までは、「生き残れればOK」とか「避難所にさえいけば、生きていけるだろう」と考えていたのですが、この前の台風を経験したり、いろいろ本を読む中で「”生きている”だけを目標とする生活はしんどすぎる」という当たり前のことにはじめて気づいたのです。
もちろん「命あってこその物種」なんですが、「生きている」というだけで「快適に生活できない」環境というのは、いつか人間の心を蝕んでしまうものだと思います。
人間の心って思っているよりも、脆いもの。災害が起こった時に、みんな心細くなるし、お先真っ暗な気もすると思う。荒々しく誰かにあたってしまうことだってあるだろう。
でもそれをそれを補うための「心地よさ」「癒し」「快適さ・便利さ」なんてものは、災害時、最初に失われ、我慢すべき対象になるのだろうし。だからこそ、防災の上である程度の快適に過ごす工夫も必要だと思う。

また、自分の性格も考えてみる必要があると思った。
たとえば、私は大災害が起こったら、「火事場の馬鹿力」じゃないけど、いつもより倍以上に頑張ってしまうタイプだと思う。(いや、頑張らなきゃいけないんだけど、必要以上に。)困難がおこるほど、燃えてしまうような人間なのです。で、そのうちバーンアウトしてしまうパターン。……あり得そう。
上の本にもあったけど、他人のことまでいろいろ考えなきゃいけない役割や立場の人、役割がなくてもそうしてしまう人は、災害の時ほど、自分への視線を忘れてしまうらしい。
そういう意味でも、自分を快適な状態で保つことは大事な事だと思う。
人を救うためには、まず、自分から。


命さえ残ればいい「防災」から、これから先も生き続ける「防災」へ。

今まで本当に何も防災グッズを用意してなかったので、これを機にAmazonで防災リュックを買いました。

防災セット 地震対策30点避難セット 避難生活で必要な防災グッズをセットした非常持出袋

防災セット 地震対策30点避難セット 避難生活で必要な防災グッズをセットした非常持出袋

自宅が津波に飲まれる危険性が大いにある地域なので、一応防水加工してあるものにしました。中身を見ているとこれは要らないものとか足りないものとかありそうなので自分の立ち立場や性格なんかも考慮した上で、より快適に過ごせる工夫をしていきたいです。
また、それ以外にもこまめにいろんな防災対策をしていく予定です。
がんばるぞー!

【先週のお題】回り回ってそうめん【ひんやり飯】

台風21号でバタバタすごした一週間でした。そして気づいたら、今週のお題あげるの忘れたまま、次のお題に代わってる!
むしろ今は、防災について書きたいけど、また今度。前に書いた分をひっそりアップ。

ひんやり飯といえば、そうめん!

9月に入りました。どんどん秋めいて涼しくなる時も…といいながら、まだまだ暑いですね。
今週のお題「ひんやり飯」だそうで。

私が残暑を乗り切るための「ひんやり飯」として推すのは、ずばり「そうめん」です。

f:id:konnoe:20180903225315j:plain

別に変わった食べ方をするわけではありません。つゆをつけて食べるだけです。つゆは、大体「ネギ」だけです。シンプル・イズ・ベスト。でも、最近はそこにミョウガを入れるにハマってます。
昔は「そうめん」って、「何味なん?」って感じで(どんな感じだ)あんまり好きじゃなかったのですが、ここに来て私の中で「そうめん」ブームが来ています。

不遇な人生(麺生?)を送る そうめん

よくよく考えてみれば、私もそうでしたが、「そうめん」を世間は軽く見すぎだと思うんです。昔からある由緒正しき「そうめん」なのに、不遇に扱われている気がしてなりません。夏になると「また、そうめんかよ~」みたいなつぶやきをよく見ます。上に「そうめん」の写真素材を貼ったんだけど、これも探すの苦労しました。他の麺類に比べて、「そうめん」って写真素材が少ないがします(それもフリーで登録無料の)!なんなんですかね。
あんなに神々しくて、美しい食べ物ってありますか?この下のサイトなんかいったら、見ているだけでうっとりしませんか?
www.miwayama.co.jp

ただの判官びいきかもしれませんが、そういう不遇にさらされている(妄想)であろう「そうめん」だからこそ、余計に応援したくなります。
みなさんも、残暑が続きますが、そうめん食べて乗り切りましょう。
(途中から何書いてるか、自分でもわからなくなっってきた)

停電中でもブログを書く


f:id:konnoe:20180904145058j:plain

台風21号、すごい勢力ですね。
職場に出勤したあと、仕事して、昼前に帰ってきました。あと少し遅かったら、悲惨なことになってましたね。




停電中

台風で、停電しました。14時がろ停電して、今22時半ですが、まだ復旧してません。
停電をよく体験する方は、もう慣れて過ごせるんだと思いますが、長期的な停電って、私はあまり経験したことがないし、こういう機会ってなあまりないと思うので、しっかり記録を残しておこうと思います。



■停電中の私の過ごし方

日中、家の中(暴風域にいるとき)

・台風情報を見る。
・外の状況がどうなってるか、危なくない程度に確認する。
→危なそうだったら、やめておきましょう!
kindleを読む
・仮眠
→私は気圧が下がると体にすぐ響くので、なんとなく気持ちもだるいし、頭がぼんやりするするので横になっていました。風の音がすごかったのでほぼ寝れずですが…

夕方(暴風が完全に過ぎ去った後)

・片付け&そうじ
→瓦が落ちてきたり、トタンが飛んできたり、大変なことになってました。近所を見たら、街路樹が倒れているところも。

夜(風はおさまったがまだ停電中)

・空いているショッビングモールでだらだら。
→いつまで続くかわからないので、明日のご飯の調達も。

スーパー銭湯に行く。
夏場の停電でお風呂に入れないのはキツイ((オール電化のさだめ。トイレの水あげるのが電気のところはもっと大変そうですね)

・家に帰って暗い中、ブログをうつ。

・いつもより早く就寝



◼️台風中の停電時に重宝したもの

1、スマホ、パソコン、Kindle等の電子機器

→これらの通信機器などがあると、ある程度快適に過ごせる。電気の力はすばらしい。

2、充電池、電池

→普段からちゃんと充電しておくこと。

3、懐中電灯

→昼間はスマホあるし、別に大丈夫だろうと思ってたけど、夜の闇夜にいるとやっぱりいるわ!!安心感が違う。自分がいかに電気を使っている文明に浸って過ごしているか感じました。
スタンドできたり、ランタンタイプが便利かも。

4、電池で動く扇風機

夏場、エアコンが効かないのは暑すぎる。暴風が過ぎれば窓をあけることも可能だけど、暴風域ではそれができないので暑かった..。暑さ対策で電気を使わないもの(タオル、さらさらシート、ミントスプレー)なども重宝しました。

5、誰かの声

近所の人と話したり、家族と連絡とるでもよし。ラジオの声を聴くだけでも良かった。普段は、「人とずっと一緒にいないと落ちつかない!」というタイプの人間ではありませんが、こういう災害時はやっぱり人の声を聴くと安心しますね。



◼️振り返ってみて

今回は台風の停電で、復旧は早めだろうと思うけれども、これが大地震とかになったら、もっと大変だろう。今日は 結構がっつり電気(電池)を使ったりしてたしなぁ。大きな災害になると、この電池をできるだけ長いこと使わなくちゃいけないから、こんなブログうったり、ネット見てダラダラできないですね。
大きな災害に向けて、しっかり対策を練
らなければとは考えていたのですが、今回の停電で改めて思い知らされました。




明日の朝には停電、なおってるといいんだけど。そんな都合よくは、いくまい。

はてなスター設置を求める声があがる

f:id:konnoe:20180829172311j:plain


ブロガーの皆さん、はてなスターを設置してほしいとの要望の声をあがっています。
……私から!



はてなスターのメリット・デメリット

そもそもはてなスター(はてなスターとは:はてな公式)とは何なのかとか、そのメリット・デメリットを検索しまくったわけです。なぜなら「はてなスター」というものが、わざわざあるにも関わらず、削除している人が多いのかということを疑問に思ったからです。

皆さんのブログを読んでると、「はてなスター」を設置する「メリット」は承認欲求が満たされること、逆に「デメリット」はその承認欲求に振り回されるという意見は結構多かったように思います。確かに「はてなスター」をもらえたら嬉しいですよね!一回でも押してくださった方、ありがとうございます。まぁ、でもこれが「もっと欲しい!もっと欲しい!」と過剰になるとしんどそうですね。でもそれがいいブログを書く原動力になったり、うーん、一長一短って感じなんですかね。他にも「はてなスター」を削除した方が、「軽い」とか「アクセス数が増える」とかもあったんですが、実際「はてなスター」を外すと「軽くなった」「アクセス数が増えた」「変わらない」といろんな意見があったので、これもこれでよくわかんないです。*1



押す側の視点

で、検索しながら気づいたのは、ほとんどのブログは、「設置する側」の視点でしか書いてないわけですよ。当たり前ですね。その人のブログなんだから。でも、私は今日は「押す側」の視点(=つまり「読者の視点」)から声を大にして言いたい。

はてなスター押すの、楽しィイイイイ!!!!!!!!!」

ってね。面白い記事があったら、この興奮をそのままスターにぶつける!はてブだとまどろっこしいんですよ。本当は、面白い記事なら私はスターを100個くらい送りたい。でもスターストーカーとか言われるのが嫌だからやめている。でも、その気持ちを抑えられず、しょうがないので「ためしてガッテン」の「ガッテン、ガッテン、ガッテン」のリズムで星を押している。だから私のスターは大体3個押しなのだ。もちろんそうじゃないと時もあるけれど。
www9.nhk.or.jp


ブロガーのみなさん、「読み込むのを遅くならないように」とか、「見やすくするために」とか読者のことを考えて、はてなスターを削除している方がいるみたいですが、こんな読者もいることを知ってください!あなたのブログにスターを押したい!!

とにかく、えーと、もうこれは完全にわがままの域なのでお願いになりますが、皆様(とにくに「はてなブログ」利用者様)、「はてなスター」を設置してください。

*1:コンピューターに詳しくない上、はてなスターを設置してほしいという目的で検索を行ったため、不利な情報を削除している可能性もある?!

「#平成最後の夏」は、これから始まる!

f:id:konnoe:20180830001247j:plain
↑お盆に上高地で撮った写真。人多かったけど、涼しかった!



今週のお題「#平成最後の夏」

2019年5月1日からは新元号。「平成」で迎える夏は今年で最後です。平成最後の夏、あなたはどう過ごしますか? 思い切ったことに挑戦する、平成元年に訪れた場所へもう一度行ってみる、平成にちなんだ場所を巡ってみる……などなど、あなたの「平成最後の夏」を教えてください。皆さまのご応募をお待ちしております。





私、タイムスリップしたの?!

お題見て、一瞬タイムスリップして、7月の終わりに戻ったのかと思った。いや、本気で。それで、テンション上がって「夏はこれから~!↑フ~!これから~これから~!↑↑」となっていたんですが、でもどのカレンダーや時計の日付を見ても、やっぱり8月の終わりだった。ちょうどこの夏にハイラインの『夏の扉』を読んだから、完全にSF脳になってました。

うーん、夏の初めにこんな記事(この夏したいこと🌺🚢 - konnoe’s blog)をかいたけど、まだまだ全然できてないぞー。



まだまだ「#平成最後の夏」は、終わらない

でも、この盛り上がりは自分の中で発見で、「俺たちの旅はこれからだ!」(打ちきり漫画の最終回)みたいなテンションでこの憂鬱な8月の末を乗り切るのは大事だ思った。
そんな私に勇気をくれる記事。
www.garuseek.com
そうだよ、よく考えたら、夏は秋分まであるじゃないか!まだまだ終わってない。



夏が終わると思ったら、旅行に行きたくなりますよね。まぁお盆にいったんですが、もう一回くらい…。気軽にいけるところないかなーと思っている矢先にこんなものを発見しました。東山魁夷展。これを見たら「#平成最後の夏」を語れそうな気がする(?)。秋分までに見に行きたい。
kaii2018.exhn.jp

それにしても「夏は始まったばかりだ!」の精神は、いつまでも持ち続けたいなと思う。「もう終わりだし…」と暗くなるよりはね。そんなこと言っているうちに「#平成最後の秋」が終わっちゃったりして…